ウォーターサーバーイメージ

新鮮な水がいつでも飲めるウォーターサーバーを選びました

水道水の塩素や放射能が気になって、安心安全なお水の飲めるウォーターサーバーを利用しようかと考えました。
昔に比べて、病院の待合室にウォーターサーバーが置いてあったり、気にしてるせいか、ハワイアンウォーターの配送車もよく見かけますし、みんな使ってるんだな、と余計に使いたくなりました。
調べてみると、ウォーターサーバーにもいろいろな種類があって、まずは水の種類にもいくつかありました。
ミネラルウォーターや天然水、ハワイアンウォーターなどありますが、どれも水質に関しては安全チェックしてあるとのことですし、塩素や放射能に汚染されていなければ特に希望はないので、次の条件を考えました。
サーバーの形式です。
冷たい水がすぐに飲めるものと、お湯も出てくるもの、この二つに関しては、できれば冷温両方あれば、おいしいコーヒーもすぐ飲めそうですので、第一希望は冷温両方のタイプと考えていました。
あとは水と、サーバーのお値段、置き場所などもクリアーできれば、おうちで安心して安全なお水が飲める、と調べていくなかで、気になることがありました。
気にとめていなかった水のボトルの形状です。
病院の待合室などでよく見かけるのは、大きいペットボトルのような容器が逆さまになってサーバーにセットされています。
ダスキンで出している天然水は、水が真空のビニールのような容器に入ってサーバーにセットされています。
これにも、大きな理由がありました。
水は空気に触れるとどんどん、劣化してしまいます。
ボトルに入った水も、水かさが減るとともにボトル内の空気量が増えて、残りの水がどんどん酸化されてしまうようです。
ダスキンさんの天然水はそれを防ぐために、真空状態で水が空気に触れないように工夫されているそうです。
ダスキンさんのサーバーは、冷温両方のタイプでしたし、値段も想定内でしたので、こちらに決めさせていただきました。
天然水です。
コーヒーもおいしく飲めるし、この水でごはんを炊いてもおいしいそうです。
まだやってませんが。
水は定期的に配送してくださることになってますが、追加注文も、また逆にとめることもできるそうです。
いろいろな会社でウォーターサーバーが出されて、それぞれの良さがあると思いますが、私は水の新鮮さを維持できるものを一番に選びました。

Copyright(C) 2010 新鮮な水.com All Rights Reserved.